越日路線など国際線定期便、7月からの運航再開を提案 航空局

越日路線など国際線定期便、7月からの運航再開を提案 航空局

交通運輸省傘下のベトナム航空局(CAAV)は、国際線定期便の運航再開計画を同省に提案した。計画は3期に分かれている。

第1期では、ベトナム国民向けに「パッケージフライト」を運航する。パッケージフライトはベトナムの航空会社と旅行会社が管轄機関から承認を得た上で、外交機関と地方自治体と協力し、運航や入国者の受け入れを手配する形で行う。

パッケージフライトには航空券の運賃や新型コロナウイルス検査、ホテルでの隔離(15日間)、食事などにかかる費用が含まれる。対象の国際線は航空会社が提案することとし、運航頻度は地方自治体の隔離施設の入国者受け入れ能力に合わせて調整する。

第2期ではパッケージフライトに加え、7月からベトナム国民と外国人向けに国際線定期便を運航する。まずはベトナム~日本間、ベトナム~韓国間、ベトナム~台湾間の3路線を運航する。これにより、同3か国から週に計24便、6000~7000人の入国者を受け入れる見通し。乗客は航空会社または指定されたパートナー企業に、航空券の運賃や新型コロナウイルス検査、ホテルでの隔離、食事などを含めたサービス料金を支払うこととなる。

第3期ではさらに、「ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」の導入とベトナム国内の新型コロナウイルスワクチンの大量接種を想定し、9月からベトナムと一部の国々を結ぶ定期便を通常運航する。ワクチンパスポートを所持する入国者には、隔離を不要とする見通し。

これに関連し、ワクチン接種を受けた人々の入国受け入れ再開に向けて、保健省は既に情報通信省と主要通信事業者と協力し、ワクチンパスポートに関連する技術的なソリューションシステムの構築を進めている。システムは4月上旬の完成を目指している。

なお、ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、国際航空運送協会(IATA)が運用の準備を進めているデジタル健康パスポート「IATAトラベルパス(IATA Travel Pass)」の導入計画を明らかにした。

タグ: